長期保存できるプリザーブドフラワーという花

プリザーブドフラワーの購入を検討されているなら、通販で探してお求めになると良いです。
どうしてかというと、取り扱いが盛んな上にお手ごろな値段で売られているからです。
作るのに手間がかかっているためギフト全体の平均的な値段よりは高いかもしれませんが、それでも通販なら3,000円ほどから手に入れることができます。
普通の生花だと、配達している最中に萎れてしまったり花びらが落ちてしまったりして、いろいろと不便なところがあります。
しかし、プリザーブドフラワーなら特殊な加工を施してあるため長期保存することが出来ます。
つまり、配達程度ではそうそうのことがない限り不良品が届くということがないので、贈り物にも安心して選ぶことが出来ます。


まだまだ知らない人も多いプリザーブドフラワーとは

プリザーブドフラワーのことを知らないで、今このページを見ている方もいるでしょう。
そのような方のために、また今更聞けない、おさらいしたいという方のためにご説明すると、プリザーブドフラワーとは生花に人の手が加えられたものです。
数週間して咲くことができない生花を、特殊な保存液を用いて長期保存できるようにしたもので、1年以上はその瑞々しさを保ちます。
最適な条件下で保存すれば、最大5年も美しく咲き続けます。
間近で見ると生花と少し違うことがわかりますが、遠目から見たら違いがわからないほどそっくりです。


美しさを保つ最適な条件下とは

プリザーブドフラワーは、保存のためにグリセリン液を染み込ませてあるため、湿気や乾燥に弱いです。
そのため、生花なら日光を浴びせて水やりをして綺麗に咲かせるという育て方をしますが、プリザーブドフラワーはその逆です。
直射日光や高温多湿を避けて、水もあげないようにしてください。
日光を浴びるところや乾燥するところに置いていると花びらが割れてしまいますし、水をあげてしまうとグリセリン液が染み出て色が落ちてしまいます。
お花の世話をしたいという方には向いていないかもしれませんが、プラケースなどに入れて観賞するだけなら手間がないため楽です。


インテリアなど小物との相性が良い

プリザーブドフラワーは、保存液を染み込ませやすくするために、加工する過程で茎を短く切り落とすことが多いです。
そのため小さい置物などと相性が良く、通販でもそういった商品を良く見かけます。
小さい陶器の入れ物などにプリザーブドフラワーを敷き詰めた商品は、部屋のインテリアにも合わせやすく、自分で買うのにもプレゼントにするのにもセンスが良いです。
生花のように水遣りをしたり日当たりの良いところに置いたりする必要もないので、値段の割にはコストパフォーマンスの良い一品ですよ。

おすすめコンテンツ:プリザーブドフラワーの通販比較サイト